« 安倍晋三の「教育改革」そして復古主義 | トップページ | 西郷隆盛と勝海舟の会談 »

2007年5月14日 (月)

右派政治化の脳内宇宙

教育勅語に次のようにある。
「朕惟う(おもう)に,我が皇祖・皇宗國を肇むること宏遠に徳を樹つること深厚なり。我が臣民克く忠に克く孝に億兆心を一つにして世世厥の美を済せるは此れ我が国体の精華にして教育の淵源亦実に此れ存す而して臣民父母に孝に兄弟に友に夫婦相和し朋友相信し恭険己を持し,博愛衆に及ぼし学を修め,業を習い以って智能を啓発し,徳器を成就し進んで公益を広め,世務を開き,常に國憲を重んじ,國法を遵ひ,一旦緩急あれば義勇公に奉じ以って天壌無窮の皇運扶翼すべし,是如きは独り朕が忠良の臣民たるのみならず又以って而して祖先の遺風を顕彰するに足らん。
 斯くの道は実に我が皇祖皇宗の遺訓にして子孫臣民の倶に遵守すべき所之を古今に通じて謬らす之を中外に施して悖らす朕而して臣民と倶に拳拳服膺して咸其徳を一つにせんことを庶幾う(ねがう)

明治23年10月30日

御名 御璽」

=======

天皇が神の名を以って,道徳を國民に強いる。

皇祖神話・・・それ自体がそもそも捏造されたものであり,徳の基になりはしない。

徳は自由の思索の上にしかない。
考えられないものは,自らを縛る鎖を望むのか,それとも縛り付けるのが望みなのだろうか?

教育という名の,抑圧に・・・それがどんな政治制度であれ,飼いならししか感じない。

|

« 安倍晋三の「教育改革」そして復古主義 | トップページ | 西郷隆盛と勝海舟の会談 »