« 2007年8月 | トップページ

2008年3月 9日 (日)

パール博士の

日本の国民は非常に豊かな国民性を持っている。物事に対する先見性を持っている。
かつて諸君の指導者はアジアにおける将来起こるべき事に備えて、準備してきたのであるが、
それが西欧の眼から見るとき、将来の侵略のための準備と見られてきた。
国内における電源開発も教育の普及も、近代工業化への努力も、増産と開拓の設計も・・・
じつは西欧の眼からはすべて侵略のための準備と見られてきた。
 アジア民族の独立という聖なる目的でさえも、アジアの貧困と文盲からの開放という聖なるこころざしも
”侵略”の一言で片付けられてしまった。わたし(パール博士)は勿論そう考えない。
またインドをはじめとするアジアの諸民族もそうとばかりは受け取っていはいない。

だが、世界は”侵略”の名の下に、これを裁いた。(東京裁判のこと)
なぜだろうか?日本が強大なる軍事力を戦闘にしてことを為し、
またなさんとしてきたからであった。「悪を制するに悪をもってする」
というのは、ガンジーのもっとも戒めた思想である。
 その志を遂げんがために、いかに困難であろうとも、いかに時間的に
遅々としたものであろうとも、非暴力の真理を把握し、この真理の下に、
日本国民の持つ豊かな国民性、勇敢なる性情、ものごとに対する先見の明を
現出させていただきたい。これは私の諸君に対するお願いである。

===
>>21
共に、「パール博士『平和の宣言』」、再軍備、是か非か、より
P127~P128

|

2008年3月 2日 (日)

南京大虐殺の真相

長勇大佐は、或る日田中隆吉に語った。
「南京攻略のとき、私は朝香宮の指揮する兵団の情報主任参謀であった。
上海附近の戦闘で悪戦苦闘の末に漸く勝利を得て進撃に移り(中略)
 自分は通州於いて行われた日本人虐殺に対する報復の時期が来たと
喜んだ。直ちに何人にも無断で隷下の各部隊に対して、これ等の捕虜を皆殺しに
すべしと命令を発した。自分はこの命令を軍司令官の名を利用して無線電話により伝達した。
(中略)
命令の結果大量の虐殺が行われた。ただし逃亡するものもあって、皆殺しと言うわけには行かなかった。
自分(長勇)は此れによって通州の残虐に報復したのみではなく、犠牲と成った無辜の霊を慰めえたと信じる」
田中隆吉『裁かれる歴史』長崎出版、1985年(復刻)44~45p

|

2008年3月 1日 (土)

愛国心とは

「不思議なことだ、いつの時代においても悪人は自分の下劣な行為に、
宗教や道徳や愛国心のために奉仕したのだという仮面を着せようとつとめている」
byハイネ
「愛国心を持つなら地球に持て。魂を国家に管理させるな!」
byジミ・ヘンドリックス(“伝説”のギタリスト)
「愛国心とは喜んで人を殺し、つまらぬことのために死ぬことだ」
byバートランド・ラッセル(哲学者、ノーベル文学賞受賞)
「恐怖心や愛国心によって人を殺すのは、怒りや貪欲によって人を殺すのとまったく同じく悪い」
byヘンリー・ミラー
「愛国心と言う卵から、戦争が孵化する」
byモーパッサン
「愛国心とは、ならず者達の最後の避難所である」
byサミュエル・ジョンソン(イギリスの文豪)
「ナショナリズムは小児病である。それは国家の麻疹(はしか)である」
by アルベルト・アインシュタイン(物理学者、ノーベル物理学賞受賞)
「人類から愛国心を叩き出してしまわないかぎり、あなたがたは決して平穏な世界を持たないだろう」
byバーナード・ショウ(戯曲家、劇作家、ノーベル文学賞受賞)
「愛国心なんて今すぐ廃語にすべき言葉です」
by藤原正彦(「国家の品格」の著者、お茶の水女子大教授)
「今日の大きな悪魔は愛国心、愛国心が大戦をもたらすのだ」
byチャールズ・スペンサー・チャップリン(喜劇王、俳優・映画監督)

|

« 2007年8月 | トップページ