2007年6月29日 (金)

戦国時代に暗君と呼ばれた今川氏真

氏真は天文7年(1538年)誕生。

永禄3年(1560年)所謂桶狭間の合戦に於いて、実父第九代当主:義元敗死。

その後、松平氏康が岡崎に戻り、徳川家康と称し、今川家から独立。織田信長と結ぶ。いわゆる清洲同盟。・・・織田信長が死ぬまで守れた。

徳川独立後、今川氏と徳川氏は不和になり、三河国今川領内で、領地の争奪戦になる。

=====
氏真は優柔不断であり、朝となり夕と無く、酒宴遊興にふけり、義元死後、数年経過しても、なかなか織
田信長、討伐の軍を興そうとしなかった。・・・・しかしこれはあくまで勝者側の史観であり、本当のところは闇である。

三将会談(今川・北条・武田の相互不可侵の同盟)も氏真の政治的・軍事的不評によって、徐々に緩んできた。すなわち、今川氏の領地・領国が草刈場のターゲットなっていったのであった。

=====
三者の姻戚関係:氏真の実の姉は、武田家の嫡男:義信の嫁いでおり、氏真の妻は北条氏政の姉で早川殿と呼ばれていた。範英という子どもを両者の間に授かった。また武田信虎(信玄の父)は今川家に寄留していた。・・・信虎は信玄に国を奪われ、当主の座から追い出され、甲斐の国から逐電したのであった。

====
永禄10年(1567年)駿河攻めで、武田信玄と武田義信が対立し、10月義信に自害が迫られた。そして氏真の姉が駿河にかえされた。

対抗手段として、氏真は北条氏と組み、甲斐の国への塩の搬送を取り締まった。

それが逆効果となって、永禄11年(1568年)12月、信玄は駿河進入を謀り、武田家の重臣:穴山梅雪を徳川氏に派遣し、今川家を挟撃しようとした。
永禄12年(1569年)12月、信玄の本格的駿河潜入を謀ると、予め内応していた今川家臣団が次々を武田側に付き、たいした戦闘なきまま、今川は後退した。

氏真は武田内応者が居る駿河城を捨てて、掛川城の朝比奈泰朝を頼った。12月15日掛川城に入城。

一方北条氏は、軍を進め、甲斐と駿河の連絡路を断った。

徳川家康も遠州に侵攻したので、遠州は武田、今川、徳川の三つ巴の合戦の舞台と化した。

永禄12年(1570年)2月26日から徳川家康による掛川城総攻撃、そして3月4日に徳川から今川への和睦の申し立て、・・・内容は氏真が掛川城を出て、遠州を徳川支配に譲れば、家康は北条氏と協力して、駿河を武田から奪い返そうと言うものであった。
同年5月15日 氏真は掛川城を家康に明け渡し、北条氏を頼って遠州を去った。

一旦は北条氏の援軍によって、駿河を奪回したのであったが、信玄の度重なる攻撃によって、拠点の数々が陥落。

元亀2年(1571年)武田と北条で和睦が成立。武田の駿河支配は決定事項となった。

同年12月氏真は北条氏の庇護を離れ、武田と対立する浜松城の徳川家康の庇護を受けた。
そして家康から諏訪原城を任せられ、再び駿河奪還を目指したが、功績無く、天正5年(1577年)に解任された。

やがて入道して宗閑と号し僧侶の生活を送る。

慶長19年(1614年)2月江戸で77歳の生涯を閉じる。

 氏真の孫:今川大輔以降の今川家は、代々高家として徳川幕府に仕え、家名をついで明治にいたる。

|

2007年5月26日 (土)

平泉澄の水戸学観

P25より
寛文元年(1661年)義公(水戸光圀),深く神道の壊乱をいたみ,今井桐軒に命じて,広く古典秘分を探し,両部習合の雑説を排して,唯一宗源に帰しめ,桐軒日夜これを怠らず,遂に本書をなした。是において神仏初めて判れ,邪正掌を指すようになったが,唯惜しむらくは,浄書未だ終わらず,且つ神代口訣がいまだ未完成であった。津田閑斎によれば,浄写と補闕を命じられたと,書き残している。

而して其の宗廟社稷の弁に,世に(伊勢神宮のことか)内宮は泰伯の宗廟であって,外宮は后の社稷であろうという説に反駁して,
「近来の儒教を学ぶもの,牽強付会を以って本邦を軽んず,造言の罪,以って逃れる所なし,戒めるべき甚だしき也」と言い,唯一の両部弁に,末世に及んで教え弛み,神道衰えて仏盛んなり,邪説横行するを嘆いて,神籍の存するにたよりて,正邪を弁別して精順にかえさなければならぬと説くがごとき,その為学の方向を察するに足るであろう。

P33より,
『大日本史』の三大特徴を特筆しておかなければならない。
1)大友皇子を帝紀に立てる。
2)神功皇后を后妃伝に収める
3)南朝を以って正当となす。

加藤繁博士の説くところによると。
1)壬申功臣伝序にも見えることであるが,天智天皇崩御の後,天武天皇志すまでの間,近江帝を経づして,どこから政令が出されるのか。その近江朝廷と書するところは,豈蓋し明らかなる謂うにあらずや」
「一に旧史を成文を徴し,立てて本紀となす」「私意によって是を断じたものではない」(日本書紀天武天皇紀に,大友皇子を指して,近江朝庭または近江朝とかいているのをさしているのである)

2)神功皇后を后妃伝に収めた理由は,その伝註に書かれている通りに,即ち古事記が仲哀天皇より直ぐに応神天皇に移っていて,その間に神功皇后のことが数えられていないからであった。日本書紀にいたっては,皇后「摂政元年」と明記されている。その書法を厳正なるものとみなし,是を以って后妃伝に収めたのであった。

3)南朝を正当にした理由は,後小松天皇紀の賛にみえ,神器の所在を主とし,しかも神器は必ず名分の正しき所にありという信念を前提としているものであり,神器を物質的に観るものではない。

P37より

明治維新において,注目すべき点は,王政復古の大業に対する『大日本史』の貢献である。それは,従来しばしば言い古されてきたことではあるが,唯一つ渋沢青淵子爵から聞いた逸話をここに披露しよう。

「嘗て徳川慶喜公と伊藤博文公が,共に某大使館に招待されたことがあった。宴会が終了して,やがて人々が次第に散じた時に,たまたまストーブの側に,慶喜公と博文公が残っていた。博文公は之を好機に,慶喜公に質問をしようと考え,実行した。明治維新の際に,幕府は猶相当の戦力を保持していたのにかかわらず,慶喜公は一意恭順,大政を奉還せられましたが。どういうお考えだったのでしょうか。慶喜公は,この博文の質問に対して,答えた。事改まって,申すのもおこがましいが,私はご承知の通り,水戸に生まれたものであります。義公(光圀)以来の教え,子供のときから懇々と説き聞かされてきました。それですので,維新の時も,ただ其の教えに従ったまでです。自分の知恵才覚は用いませんでした。博文は之を聞いて感嘆し,後日渋沢子爵に語られたという。・・・しからば光圀が正保(しょうほう)2年(1645年)に伯夷伝を読んだ感激は,『大日本史』の編集につながり,而して遂に明治維新と謂う大業に対する貢献となったのだ。

P39より

明治以来の科学的研究の前に,『大日本史』は,その光を失ったのであろうという意見に対して,嘗て西田幾太郎博士が述べられた批評を紹介しよう。

「明治以来,我が国の歴史学は,西洋史学の影響を受けて,長足の進歩を遂げたとは,しばしば耳にすることであるが,自分の見る所を以ってすれば,明治大正の間,歴史の名に値するほどの著述は,一つもない。むしろ我々の考えている歴史というものから見て,真に歴史と云ってよいものは,水戸の『大日本史』があるだけである」

これは,昭和の始め頃,京都の自宅に訪ねて,その教えを請うた時のものである。不幸にして当時の日記は戦災のため,烏有に帰してしまい,その正確な年月は分からなくなってしまった。しかし内容の覚書は亡くなっても,その後鎌倉から送られてきた書簡は,今も存している。それは,昭和3(1928年)年11月16日の日付である。上の談話も,同年秋の時のことであろう。

而してその書簡には,

「私共は,従来の歴史化が,徒に些細な考証に流れて,其の背後に,GEIST(ドイツ語の精神の意味)をつかむ歴史といい,叉
「歴史は書と同じく(書は必ずしも、そうではないが)物の形を曲げずして、その背後に、物の精神を見なければならない。物を通じて心を見なければならない」

と述べてある。

かのように考えられる哲学者の目に、『大日本史』こそ、近世に於ける最高の、或いは唯一の「歴史」と映じたのであろう。

| | コメント (29)

2007年5月22日 (火)

西郷隆盛と勝海舟の会談

山岡鉄太郎(鉄舟)の尽力で、京都政府軍と徳川家はパイプが繋がり、

3月13日、14日に、勝安房、西郷吉之助で会談がもたれることとなった。
場所は、芝田町の薩摩藩邸内であった。

3月13日
後宮(和宮)の進退。一朝不測の変を生ぜば、如何ぞ其の無事を保たせる奉らん哉。此の事易きに似て、其の実甚だ難し、君等熟慮して、其の策定められむには、我輩も宜しく焦慮して、其の当否を慮らんか、戦いと不戦と、与と廃とに到りて、今日述べる処にあらず、乞う明日を以って決っせんとす。

3月14日
我西郷に申し云う、大政返上之上は、我が江戸城は、皇国之首府哉、且つ徳川氏数万の禄地を保つ所以のものは、幕府の入費に充てむが為なり、此の二つは、宜しく大政と共に其の御処置如何問うべきなるべし。況や外国交際の事、興りしより、其の談ずる所、唯徳川氏の為にあらず、皇国之通信にして、我が私にあらず、印度支那の覆轍、顧ざらんや、今日天下のため首府にて、我が家の興廃を憂いて一戦し、我が国民殺さんことは、寡君決して為さざる所、唯希う所、御処置公平至当を仰がば、上天に恥ずる事無く、朝威是より輿起し、皇国化育の正敷を観て、饗応瞬間に全国に及び、海外是を聞いて、国信一新、和信ますます固からむ、是の意我が寡君独り憂いて、臣輩不解の所と成り云々。西郷申していわく、我一人今日是等を決するに能わず、乞う明日出立して、総督府に上言すべし、亦明日進撃の令あれども解いて、左右の隊長に令して、従容として別れる。
亦彼が傑出果決を見るに足れり、嗚呼伏見の一挙、我過激にして、事を速やかにして、天下人心之向背を察せず、一戦塗地、天下洶洶(きょうきょう)として、定まらず。薩摩藩1・2の小臣、上天子を挟み列藩に令して、出陣迅速、猛虎之群羊を駆るに類せり、何ぞ其の英雄成る哉。
========

勝安房はこの会談にて、
「慶喜は隠居の上、水戸に慎む」
「江戸城は明け渡すが、明日田安中納言に預けて欲しい」
「軍艦・軍器は、そのままにしておき、いずれ寛典の沙汰があった時、官軍と幕府とで分け合う」
「慶喜の暴挙を助けた者も、格別な寛典を賜りたい」
と、決定した。
西郷は、側に控えていた村田新八と中村半次郎に「明日の攻撃はやめる」と告げた。

3月15日とされていた江戸城総攻撃は、中止され、市街戦は回避された。

|